腎硬化症を知って治す

腎硬化症患者が増えている傾向にある現代で必要なのは病気を知って治すという事です。

高齢者

良性と悪性の腎硬化症

高血圧と腎機能には関係があります。
高血圧は血管を押す力が非常に強い状態のことで、こうした状態が続くと動脈硬化になる危険性が高まります。
腎臓の血管が動脈硬化を起こして血管が狭まると、血流が滞り腎機能が低下してしまいます。
この結果腎硬化症になってしまうのです。
腎硬化症には悪性と良性がありますが、この区別は主に腎硬化の進行スピードにあります。
良性の場合は、高血圧の状態が続きゆっくりと腎硬化が進行していきます。
40歳以上の人に多く見られる症状です。
これに対して悪性の場合は、急激な血圧の上昇が見られ腎硬化が非常に速く進行します。
30代の比較的若い人に多いのが特徴です。
腎機能が急激に低下するため、意識障害や視力障害、心不全や激しい頭痛に襲われることがあります。
尿毒症が見られれば人工透析をしなければならなくなります。
そもそも高血圧の原因はわかっていないことが多いので、腎硬化症の原因もよくわからないということになるのですが、健康診断で蛋白尿や高いクレアチニン値、急激な血圧の上昇などから腎硬化症が疑われた場合は、血圧を下げる努力が求められます。
運動に取り組み肥満を解消し塩分摂取を控えるなどの生活改善が重要になってきます。