腎硬化症を知って治す

腎硬化症患者が増えている傾向にある現代で必要なのは病気を知って治すという事です。

高齢者

腎硬化症、亜麻仁油、ギンギバリス菌について

塩とスプーン腎硬化症とは高血圧を原因とする腎臓の疾患です。高血圧の状態が長く続くと、腎臓の血管が動脈硬化を起こし、血管内が狭くなって血流量が減少し、腎硬化症を発症します。腎硬化症には進行が遅い良性と、急速に悪化して尿毒症に至る悪性があり、悪性には遺伝も関係していると考えられています。腎硬化症の治療では高血圧の管理が重要で、良性の場合は減塩や運動療法を行い、それでも不十分な場合は薬物療法を行って血圧のコントロールを行います。腎機能の低下が進行する場合は透析が必要になります。
亜麻仁油はアマ科の一年草アマの種子から抽出された油です。亜麻仁油はα-リノレン酸などの不飽和脂肪酸に富み、抗アレルギー、抗炎症効果をもたらし、血糖値を抑制してコレステロールを排出します。また亜麻仁油は血行促進作用や抗酸化作用のあるリグナンを豊富に含み、脈硬化や血栓を予防し、アンチエイジング効果をもたらします。但し亜麻仁油は酸化しやすく劣化のスピードが速いので、風通しの良い冷暗所に保管し、早めに使い切るなど、保存には注意が必要です。
ギンギバリス菌は歯周ポケットに常住する歯周病菌の一種で、強力な悪玉菌です。歯周病菌は体内に侵入して血管に入り、全身を巡ります。多くの歯周病菌は白血球によって除去されますが、ギンギバリス菌は生き残り、肝臓まで達する場合があります。この時、肝臓は刺激物質を分泌してギンギバリス菌を除去しようとします。健康な肝臓では刺激物資の影響がありませんが、脂肪肝などの肝臓障害があると刺激物質に過剰反応し、炎症を起こして肝炎に至ります。ギンギバリス菌による脂肪肝の場合、投薬や運動及び食事療法とともに、歯周病の治療が重要です。