腎硬化症を知って治す

腎硬化症患者が増えている傾向にある現代で必要なのは病気を知って治すという事です。

高齢者

人工透析はずっとしなくてはならないのか?

人工透析は、腎臓の代わりに血液をきれいにする方法で、血液透析と腹膜透析の2つに分けられます。
血液透析は、血液を体外に取り出し機械で体内に溜まった水分や老廃物を取り除く療法で、週数回透析医療機関に通い医療スタッフによって実施されます。
腹膜透析は腹膜を利用し、腹膜に透析液を溜め体内に溜まった毒素を取り除く療法で、就寝中に器械を使用し透析液を自動的に交換するAPDと腹膜を利用して自宅や職場などで24時間継続して透析を行うCAPDの2種類があります。
透析治療を行う際には、血液透析の場合は動脈と静脈をつなぎ合わせた上でシャントを作る手術を、腹膜透析は腹部にカテーテルを埋め込む手術が実施されます。
人工透析はずっとしなくてはならないのかといえば、急性疾患によるものであれば離脱することはできますが、慢性腎不全に罹っている場合であれば一生人工透析をするか、腎臓移植するかの選択となります。
腎臓移植を行えば人工透析からの離脱が可能となります。
現在は腹膜透析の普及が進んでいて、自宅や職場などで治療を受けることができます。
透析液の交換は患者自身で行い、日常生活にも制約がほとんどなく、薬剤などがあれば旅行や出張をすることも可能です。