腎硬化症は高血圧が原因

高血圧の人は、現在たくさんいます。
そしてこれによってさまざまな病気を引き起こすと言うこともわかっています。
したがって上手にこの病気とつきあっていかなければいけないのです。
高血圧が原因の病気に、腎硬化症があります。
この病気は広い意味で考えると慢性腎臓病とも言われています。
この病気にかかると人工透析を行わなければいけません。
腎硬化症とはどのような病気なのかというと、高血圧が原因となって起こる腎臓の障害のことです。
血圧が高い状態が長く続くと、腎臓の血管が動脈硬化を引き起こして、その血管の内側が狭くなって血液が流れる量が少なくなり、その結果腎臓そのものも堅くなってしまうのです。
そうすると腎臓の機能が低下してしまうのです。
腎硬化症は病気の進行が遅い良性のものと、急に症状が悪化する悪性のものに分けられます。
この病気は高齢化によって発症する人が増加する傾向にあります。
この病気の原因は高血圧の他に、血圧を上昇させるホルモンであるレニンも大きく関係しています。
腎臓の機能が低下していくと言うことが主な症状ですが、自覚症状として肩こりや動悸やめまいがあります。
しかしこれらの症状がないまま病気が進行して。
最終的にタンパク尿や心臓の病気でわかると言うこともあります。
治療には血圧を下げると言うことが行われますが、ここではノルバスクという薬が処方されます。
この薬を服用することによって、細胞内へのカルシウムの流出を減らし、その結果血圧を下げるという効果があります。
心臓への負担も減少させることができるので、狭心症の発作の予防にも効果があります。
ノルバスクを服用するときの注意点は、グレープフルーツジュースとの服用を避けることです。
効果が強くなり危険になる可能性があるからです。

■オススメの通販サイトはこちら
高血圧の治療薬【メインテート】はインターネット通販で購入が可能です。